風俗のハローワーク

風俗スカウトマンが狙う女の子の特徴〜王道の3パターン〜

自分は可愛いと思い込んでいるような人。

 

安いブランド品を身に着けている。

 

男性関係にルーズそうな人。

 

この三パターンが狙い目の王道だそうです。

 

お金に困っているかどうかは見た目ではわかりませんし、お金に困っていれば風俗をしてくれるかと言うとそうではありません。

 

風俗向きの女性と言うのはやはりいるものです。

 

自分は可愛いと思い込んでいるは、「可愛いからこそ風俗ができる」「誰にでも声をかけているわけじゃない」「君みたいな可愛い子だったら直ぐにナンバーワンになれる。

 

周りはブスばっかだから」など、自尊心をくすぐるようなことを言い続けて入れば、簡単なんだそうです。

 

安いブランド品を身に着けている人は、お金が入ればもっと良いブランドが手に入ると言えばついてくる可能性が高いです。

 

ブランドに興味があって、その上で最下層にいるわけですから、ブランド品のランクという独自の思想で劣等感を持っているので、そこを突けば簡単に落ちると言うわけです。

 

男関係は、そこはプロのスカウトマンの鼻で嗅ぎ分けます。

 

伝説ナンパ師が落ちやすい子を選べるのと同じような感覚で、男関係が緩そうな子を見て、感じます。

 

隠している子も意外と雰囲気でにじみ出ていることが多いそうですね。

〜汚い金髪〜

汚い金髪というのが特徴としてあるようです。

 

プリン頭という表現はあるのですが、金髪に染めても長い間そのまま放置していれば黒髪が毛先から生えてきて先っぽだけ金髪で根元は黒髪というまさにプリンをひっくり返したような頭になります。

 

それ以外にも、髪の傷みが激しいとか、長いあいだ美容室に行っていないとか、自分で染めたというのがバレバレな金髪をしている女性や、枝毛が多いという女性は要注意です。

 

そうした汚い金髪から、その女性の生活の乱れや気持ちの乱れを読み取ってしまうのですね。

 

確かにそれを変だと注意してくれる人がいない環境なわけですから、特異な環境にいるか、その人がルーズな性格だと周りも認めてしまっているかのどちらかでしょう。

 

風俗の世界へ引っ張れる環境が見えるというのと、純粋にバカっぽく見えるというのが汚い金髪です。

 

女性の方でスカウトをされたくないのならば、きちんと美容室に行くか、帽子をかぶったほうが良さそうです。

 

貴方がもし男性ならば、そうした女性を口説くか、スカウトマンになって狙ってみるのもいいかもしれません。

 

これははっきりとわかる特徴ですのでわかりやすいですよね。

 

おしゃれが中途半端というのは、一番隙を見せているのです。

〜ガサツで隙がありそうな女性〜

携帯で大きな声で電話をしてバカ笑いをしている。そんな人は、ガサツで「今が楽しければそれでいい」という考えをしがちな人です。

 

声を大きくしていることで、自己顕示欲を解消しているようにも見えます。

 

服がジャージかスウェットというのも、ガサツな証拠です。

 

それと同時に不良少女が好きなラフな格好なので、そうした一面からも風俗に抵抗がない層だと思われてしまうらしいです。

 

都心から少し離れたところで、ジャージでウロウロしている女性は、時々目にしますが、スカウトマンの声掛けの対象になるみたいです。

 

そして、中学生が着るようなキャラクター柄や模様のプリントTシャツを着ていても、スカウトマンはバカっぽいと思い、声をかけるそうです。

 

周りからの反応に無頓着で、ガサツ。

 

そしてそこが隙であると見られるのです。

 

ガサツ。

 

無垢で純粋。

 

世間知らず。

 

この三つは悪い人が寄ってくる三大性格です。そして、その性格を持っている人からしてみても、悪い人を受け入れる皿ができてしまっているのです。

 

スカウトマンに流されるがままに、悪い風俗店に配属されてしまっては事なので、風俗をやる気があると言う方も、自分の店は自分で選べるようにしておきましょう。

 

参考までに、安心して利用できる大手の求人サイトをご紹介しておきます。 ⇒⇒⇒ 風俗求人15navi